濃い水素水は効果が高い

少しでも高濃度の水素水を取り入れたい。
そのようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。実際に、高濃度のものを選んでいただくことは良いことともまた言えるのです。
そこで、生活の中に取り入れられるような高濃度の水素水というものはあるのでしょうか。
濃度の数値なども見ながら触れていきたいと思います。

現行製品から濃度を知る

水素水はさまざま販売されていますが、溶存水素濃度の最高濃度は何と「7.0ppm」なのです。
この数字がどの程度高いものなのかという事についてですが、水素の飽和地が通常気圧常温で1.6ppmといわれています。
ですから、7.0ppmという数値は5倍近い濃度であるという事がいえるのです。
具体的な製品についてですが、現段階においては2種類の商品が市販されているのです。
形態は違うものの、濃度は全く同じ水素水となっています。

濃度と飽和量について

水素水に含まれている水素の飽和量は1.6ppm以上は厳しいのでは?という疑問を抱かれる方もいらっしゃるでしょう。
7.0ppmという高濃度の水素水を作るにはあるポイントがあるのです。
それは「耐性ペットボトル」にあります。
水素発生剤にて水素が発生している場合、ボトルの中は4気圧程度になっています。
4気圧まであげるため、その飽和量が増えて7.0ppmまで溶存水素濃度が上がるという仕組みなのです。

通常気圧になるとどうなるのか

水素水は空けた瞬間、通常気圧に戻りますから、その数値も1.6ppmに戻るのではないか?
そう思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、この過飽和状態というものは「しばらく維持が出来る」という特性があるのです。
ですから、あけたと単に抜けてしまうなどということは無いのです。
時間的な部分を言うと、仮に1時間放置をすると1.0ppmの濃度が低下します。ですから1時間程度であれば問題はないと考えることが出来るでしょう。

たくさん飲めないという方にも効率的

水素水をたくさん飲めないという方においても、7.0ppmという高濃度のものなら取り入れやすいでしょう。
少しの水素水を飲むだけで、その水素をたくさん体内に取り入れることがしやすいのです。
ですから、自分自身に合わせた飲み方も叶えられるという事が言えるでしょう。

サーバータイプの場合

水素水の中でもサーバータイプでかつ高濃度というものがあります。
水の中に溶けている溶存水素濃度1.0ppm以外に2%の水素を注入しているのです。
その水素の濃度は20000ppmとなっているのです。
気泡として入っているので、コップに入れてすぐに飲んでいただくことによって、体内により多くの水素を取り込むことが出来るでしょう。
水素水をここまで高濃度にするためには、ウォーターサーバータイプでないと作れないといわれています。
作って直ぐに飲むことに意義があるというものですので、サーバータイプが最適なのです。
溶存水素と注入水素の「ダブル水素」を効率的に摂取していただけるかと思います。

本当に高濃度の水素が含まれているのか

水素水がこれだけ高濃度となると、本当にそれだけのものが含まれているのかと不安になられるかもしれません。
製品の中には、目地レンブルー水溶液キットが中に入っているものもあるのです。
これは、自分自身で水素の濃度を測定することが出来るキットとなっています。
自分自身の目で確認することが可能ですので、納得した上で利用していただけるのではないでしょうか。

ペットボトルタイプとサーバータイプ

現行製品の中で7.0ppmというものは、500mlのペットボトルタイプとサーバータイプの2種類となっています。
ペットボトルの場合は、何といっても手軽さを実感していただけるかと思います。
少ない量でしっかりと水素を取り込むことが出来るのもまた嬉しいポイントでしょう。
サーバーの場合は、ご家族全員で高濃度の水素水を取り入れやすい環境が作れます。
さらには、飲み放題で取り入れていただきますので日常のあらゆるシーンの中で活躍させやすいというのが大きな魅力といえるでしょう。
どちらの製品も同じ濃度となっていますので、自分自身生活に合わせて高濃度の水素水を取り入れてみてはいかがでしょうか。
それぞれのウォーターサーバー 口コミランキングでは、製法から濃度についての詳細にわたってまで紹介されていますので、比較検討をしてみると言うのもまたよいかもしれません。

高濃度の水素水生活を始めてみよう

このように、水素水も日進月歩で進化をとげているのです。
高濃度の水素水というと「特別」のような感覚がありましたが、今ではご家庭・個人でも取り入れやすい環境が作られつつあるのです。
効率的に取り入れるためにも、健康や美容を目指すのにもおすすめとなっていますので水素水生活を始めてみてはいかがでしょうか。
味などにおいても癖がありませんので、スムーズに取り入れていただけることでしょう。

Copyright© 2010 高濃度の水素水の選び方 All Rights Reserved.